田舎暮らし 自給自足や畑,宮崎県移住物語" /> 田舎暮らし 自給自足や畑 | 宮崎県移住物語

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「田舎暮らし 自給自足や畑 」カテゴリ記事一覧


オオバコの食べ方や効能

今年、我が家の庭に大繁殖しているのが『オオバコ』。

アロマテラピーの通信教育を受けていた時、「自宅の庭にあるものは、あなたにとって必要なので食しなさい。」という話しを聞きました。


昨年は『スベリヒユ』だらけだったので、おひたしや味噌汁の具や炒め物にして食しました。


今年はどういうわけか、玄関前から庭中びっしりとオオバコだらけ。

あまりにも日常よく見かけるのですが、生薬としても利用されているようです。


ウィキペディアによると、

オオバコの成熟種子、花期の全草を乾燥したものを、それぞれ車前子(しゃぜんし)、車前草(しゃぜんそう)といい日本薬局方に収録された生薬である。

また、葉だけを乾燥させたものを車前葉(しゃぜんよう)という。

これら3つはともに消炎、利尿、止瀉作用などがある。

漢方では、車前子は牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)などに配合される。

他の2つは民間薬的なものであり、漢方ではまず使わない。

ということだそうだ。


オオバコダイエット、というのも良く耳にするので、ダイエットも期待できそう。



【薬効】
 せき、痰、利尿作用、視力向上、蓄膿症、胃がんなど。


早速食べ方を調べてみると、生のまま食べる方法と、干して乾燥させてから煎じる方法がありました。


とりあえず、今日食べたいので、生のまま料理に活かしてみました。


【オオバコの食べ方】

若葉をつみ、塩茹でしてやわらかくする。

それを炒めたり、あえものにしたり、天ぷらにする。


天ぷらの場合は、下準備として葉の筋に軽く切れ込みを入れると、揚げている途中で葉の表面が膨らんで、油の飛び散りを防げるようです。

薄く衣をつけたら、あとはサッと揚げるだけ。


ちなみにオオバコダイエットに使われる部分は、葉ではなく、種子の部分。

昨年から腰を痛めているために、今年は体重も増え、代謝も落ちているから、私にとってオオバコが救世主になるかもしれません。


オオバコの食べ方や効能>>
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

夢の扉放送予定 甘いトマトを栽培する和郷園

夢の扉(TBS)テレビに千葉県香取市の農事組合法人『和郷園』が7月1日に放送予定です。

革命的な農業経営は、お客様の「美味しい!」を聞く為に何をすれば良いのか、が中心になっています。


土を使わずに作る、【イチゴ並みに甘いトマト(高糖度トマト)】の安定供給に成功。

さらに、蛍光灯の光で栽培に成功したある野菜とは?


年商50億!の代表は、農業界のカリスマこと木内博一さん(44歳)。

両親も農家でしたが、その低収入に、「いつかおふくろに給料を払ってあげたい」と思っていたそうです。

そして『日本の農業を変えてみせる!』と強い決心をしたのです。


心で思っても、実行していくのは、本当に大変なことだったと思います。


そんな木内さんにひきつけられて、『和郷園』では20代、30代、40代の若者が活躍しています。


『儲かる農業が目的ではない。誇りを持ち何代にも渡って続けられる農業にすること』


まがりなりにも農業をかじってきた私としては、次回の夢の扉、愉しみです。

ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

野菜栽培士の資格って?

先日、野菜作りの本を買って読んでいたら、面白い記事を見つけました。

【野菜栽培士の資格】というのがあるんです。

本格的な野菜の作り方や必要な知識が学べる通信講座です。

普通、野菜の作り方って、人から聞いたり、自分で悩みながら体験を通して勝手に身につきます。

私もアロマセラピーの資格を通信講座で取得しましたが、まさか、野菜にもそういった野菜栽培の資格があるとはね~。

興味のある方は無料資料請求しても良いかもしれませんね。

野菜栽培士の資格って?>>
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

家庭菜園・袋栽培で10倍愉しめます

初めて家庭菜園をするときに、土はどうするんだろうとか、プランターは?などさまざまな疑問がわきますよね。

家庭で実がなる野菜作りに便利な商品を見つけちゃいました。

「肥料が入った袋」で野菜を栽培できるんです。

トマトやらピーマンやらイチゴなど、好きな苗を買ってきて植えるだけ。

これなら、面倒な雑草対策もいらないし、畝に気を使う必要もなし。

イチゴは何回も育てましたが、毎年いちごが実る頃って、雑草との戦いなんですよ。

そのままガブッと食べたいので、農薬はぜったい使いたくないんです。

トマトは雨に濡れると根腐れやカビが生えちゃいますから、小さなハウスを作っていました。

でも、この袋栽培なら、ベランダの屋根など直接雨にあたらない場所に置けば大丈夫。

名前がまたイインです。

【そのまんま野菜畑】とか【そのまんまいちご畑】とか【そのまんまトマト畑】です。

一度は袋栽培にチャレンジしたい方にぴったりです。

家庭菜園・袋栽培で10倍愉しめます>>
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

サーファーが宮崎県に移住して自給自足できるかな

田舎暮らしというと、定年退職された方が多いと思うかもしれませんが、宮崎県にはサーフィンがしたい!ただそれだけの理由でサーファー達がたくさん移住してきているんです。

私はそんな純粋なエネルギーが大好きです。

ちなみに10/17.18.19には宮崎市木崎浜でサーフィン世界大会が行われます。

もちろん見に行きまっせ~~。

私の出身の関東では茨城県の大洗町がサーファーの移住・定住を歓迎しています。

宮崎県はというと、田舎暮らし移住者は大歓迎ですが、特にサーファー向けの定住促進活動をしているようには感じられませんね。

しかし波が良いということと、物価が安いこともあり、大阪など関西から移住してきたというサーファーが多いです。

犬と一緒に浜を散歩していると、女の子1人で来て波に乗っているケースも多々目撃します。

移住して自給自足をしているというサーファーは少なく、ほとんどの人はバイトなどをしているみたいですね。

「居酒屋さんなど夜のバイトだと、昼間乗れるから良いんですよ」という話しも伺いました。

もし農地を借りて自給自足したい場合は、役所の農業委員会に相談したり、ご近所の農家の方に農地を貸してもらえないかを尋ねたりするといった積極的な行動が必要です。

その際も農業委員会で農地の貸し借りに関する簡単な契約書が必要です。

米=田んぼを借りて自給自足するのは、そうとうハードルが高いのでお薦め出来ませんよ~。

米は一生涯その地に根付いて、骨を埋めるぐらいの覚悟で取り組まないと、かえって地域に迷惑をかけてしまいます。

更に、米を作るためには、それなりの農機具の購入が必要ですから、資金に余裕がなくなってサーフィンどころではなくなってしまいます。

農機具の貸し出しを行う銀行のようなものもありますが、皆が同じ時期に刈り取りしますから、新参者は肩身が狭いかもしれないです。

どんなケースであれ、自給自足だけでなく、育てたものを加工して付加価値を高めて、直接販売できる相手を見つけなければ、十分な収入は見込めないと思ってくださいね。

いくらぐらいが十分か、というのも人それぞれでしょうが、2人家族で子どもなしであれば、最低15~18万円あれば家賃を払って生活は出来ると思います。

田舎暮ししながら、無理せずそこそこの収入を得て、サーフィンに没頭したい!場合、自給自足より、バイトなどのほうが精神的にも肉体的にもラクでしょうね。

サーファーが宮崎県に移住して自給自足できるかな>>
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

秋ジャガイモの植え付け方法

秋ジャガイモの植え付けはおよそ8~9月の上旬までがタイミング。

ジャガイモの植え付けは年に2回できるんですよね。

春と秋にジャガイモを植え付けます。

収穫は地域にもよりますが、11月の下旬から12月上旬にかけてです。

通常は農協などで販売されている種芋といわれるものを買います。

菌を除去してあるので、収穫にばらつきがない、病気が発生しにくい、などの理由があります。

しかし農家で自家用に作る場合はわざわざ買わずに、春に収穫したじゃがいもを植え付けます。

ただ、秋じゃがいもの植え付けは腐れることもあるので、半分に切ったりせずにまるごと土の中に入れ込むほうが良いです。

■植え付けの方法

うね幅はなるべく広く、80センチぐらいとる。

うねの高さは湿度の高い年は高めに40センチぐらいかな。

湿度が特にひどくなければ25センチぐらいで大丈夫。

ちょっとしたポイントですが、うねの周りをいつも歩いているとあまり大きくならないので、隣の野菜のうねと距離をはなしておくとイイですよ。

うね幅の中央にゲンコツなどで12センチぐらいの深さの穴を開け、じゃがいもの芽が出るであろうほうを上にして並べる=へこんでいる部分が上。

じゃがいもの間隔は約40センチぐらいあけると通気性が良いのでオススメです。

全部並べたら、軽く土をかぶせて更に落ち葉でもかぶせておくと栄養にもなります。

私のじゃがいもの植え方はじゃがいもを入れる前に、鶏糞と落ち葉と土を混ぜたものを入れ込んでおきます。

一般の自家菜園でしたら、野菜用の肥料が手軽ですが、入れすぎと直接触れることには注意します。

ジャガイモの手入れは特に大変なこともないですから、晩秋までほったらかしでオッケイです。

カメムシやテントウムシがついても、一切気にせずそのまま放置して大丈夫です。

農薬なんか施す必要はありません。

ただ雨などでうねの高さが足らなくなっていると、ジャガイモがひょっこりと土の表面に顔を出して、緑色に日焼けしてしまいます。

定期的に顔を出していないかのチェックをし、盛り土をしてあげれば美味しいジャガイモが収穫できます。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

わらび(ワラビ)のアク抜きの方法・やり方

今日はわらび(ワラビ)のアク抜きの方法・やり方についての情報です。

わらびは日本の山菜の中でも、特にアクの強い山菜の部類に入るんですよね。

わらびのアク抜きの仕方は木灰を利用したり重曹を利用したり、丸一日おくなど、レシピも色々あるので、迷うところですが、実際に私がいつもやっていて、美味しい!やり方をお伝えしますね。

以下はわらびの重量が500グラム程度の場合ですので、採取してきた量に応じてお湯の量や重曹の量を加減してください。

1.わらびは採取したら、すぐに処理するのが基本。

2.まず全体をサッとで良いので水洗いする。

3.わらびの産毛がどんどんとれるが、残っても大丈夫。

4.わらびがしっかりと浸かる程度に、鍋にたっぷり熱湯を作っておく。

5.沸騰したお湯に重曹を3本指でひとつまみ(=小さじ1/2程度=約2グラム程度)入れる。

5.水洗いしたわらびを鍋に入れ、一煮立ちしたらすぐに火を止め、鍋のフタをする。

6.6時間~8時間程度そのまま放置し、緑色のアクをだす。

7.重曹が残ると味がまずくなるので、流水で2回程度洗い流す。

8.食べる分以外は、ひとつかみ程度ずつラップにくるみ、数日内に食べきる。

ワラビの下処理で注意する点は、重曹を入れすぎないことと、茹でる必要はないことです。

グニュっと表面が溶けたようになってしまい、見た目も食感も悪くなってしまいます。

写真は鍋ではなく、バットにワラビを並べて、重曹入りの熱湯をかけ、ラップでフタをしたものです。

鍋が使えない場合は、このような感じでもアク抜きができます。

重曹はくれぐれも工業用・掃除用などではなく、食用重曹を使用してくださいね。


ワラビアク抜き1

ワラビアク抜き2


山菜は冬に溜まった体内の毒だし(デトックス)にも持ってこいの食材です。

他にもヨモギやタラの芽など、春の山菜は苦みとアクの強いものが自生しています。

この季節は犬達も、細長い葉っぱを食べては、ゲボッと出してゴミ掃除をするんですよ。

人間も動物も春は「繊維」が必要なのでしょうね。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

ガーデニング速報・もっとおしゃれにガーデニング

田舎暮らしのガーデニングをもっとおしゃれに楽しくしてくれるグッズを探していたら、ソーラーライトでエコ的にもgooで見た目もおしゃれなガーデンライトを発見。

¥5960

このゴルトランタンソーラライト/ガーデンライトは庭にもベランダにも置けるスタンド型と、土にブシッと差し込むタイプのハンギング型があるんです。

それでこのお値段だったら、ちょっとイインじゃないですか~。

田舎暮らし<の夜は真っ暗だから、集金の人とか来たときに懐中電灯をお互いに持っているんです。

これ、かなり笑える光景なんですよ。

お互いに顔を照らしあったりして、オバケ屋敷じゃないんだから!

「なんかダサ」、って思っていたんですが、こんな小じゃれたガーデンライトがあるだけで優雅~な田舎暮らしに変身しそう。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

春だ!ジャガイモの植え付けだ

春ですね~。

梅の花
田舎暮らしに、梅の花や菜の花の美しい彩りが生まれるこの季節は大好きです。

春の気配を感じたら、まずはジャガイモの種を植え付けます。

じゃがいものタネといっても、いわゆる粒上の種ではありませんよ。

見た目はまんまジャガイモ。

ジャガイモの種に草木灰を塗りつける
ジャガイモは卵大もものだったらそのまま、それより大きい場合は、半分に切った切り口に草木灰をつけてその面を下に向けて、地面に植え付けます。

手のひら一杯分位の深さで十分だと思いますが、霜にあたるとジャガイモの芽が死んでしまいますので、寒い地域は土の上に新聞紙かワラをかぶせて保温しておくと良いですね。

秋ジャガイモも完全に食べきってしまったので、早く食べたいな。

ジャガイモの収穫時期は植え付けから約2ヶ月後。

鹿児島の長島町ではすでにジャガイモ(出島でじま)が収穫されています。

やはり海沿いは温かいんですね。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

秋ジャガイモの植え付けするよ

田舎暮らし古民家日記に来てくれてアリガトウね。

今日は秋に植え付けるジャガイモの種を買ってきました。

種、と言っても小さな種じゃなくって、普通にじゃがいもの形そのまんまなんです。

田舎モンの住んでいる地域は結構涼しくなるのも早いので、秋に地面に植えて、いつ収穫できるかわからないけど、買ってしまいました。

赤いジャガイモの赤じゃがとメークインです。

では、今から畑に行って植え付けして来マ~ス。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

ピーマンがシシトウと恋愛?!

田舎暮らしの古民家内でゆで上がってしまいそうな毎日です。

いやいや夏の暑さにもめげずピーマンとシシトウが超発育中です。

毎日毎日収穫しても2人家族では食べきれないほど。

植えた苗の本数はピーマンが3本に、シシトウは2本。

そして最近気がついたんです。

どうやらピーマンとシシトウが恋に落ちたようなんです。

お互い同じ仲間なので、受粉の時にミックスされてしまうのです。

そう!つまり【ピーシシ】になってしまうのデッス。

ある禁断の植え方をしてしまったことに原因があるのですが・・・。

お互いを植えるときは隣接させず、エリアを出来る限り離して植える。

この基本のルールを守らずに、え~い、隣にあえて並べてやれ~!と実験も兼ねてピーマンとシシトウあわせて5本の苗、キレイに並べて植えました。

最初の頃はピーマンはピーマンらしいお顔立ちだったに、最近ではすっかり細長い細面の変なピーマンになってしまいました。

シシトウは外見上の違いは良くわからないのですが、味が辛くない!

う~ん、今年の実験は見事に成功だあ~!

野菜のお見合いコンサルタントにでもなるかな♪
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

古民家の畑やられる

田舎暮らし古民家日記へようこそ。

今回の台風で古民家の被害はまったくありませんでした。

ただ畑の野菜達は倒れたり、葉が折れたりしましたね~。

軟弱ものよ!コラ立ち上がれ!と言いながら、トウモロコシを立てたり、キュウリの折れた葉を切ったり、傷んでしまった赤くなりかけのトマトを取り除いたりしていました。

うちの野菜達はどこの畑よりも強い生命力を持っていることで有名なんですが、やはり畑の上で強い風が渦巻いたのでしょう。。。

どうしても農薬や除草などをしすぎたりしている過保護な畑ちゃんの作物は弱いようですね。

なんだか人間と一緒です。

鹿児島県の垂水市は昨年も土砂崩れで被害がありましたが、今年は郵便局の真上の崖が崩れ、建物自体が海へ押し流されたそうです。
郵便物も。。

日本列島を洗い流してくれる台風や古い住宅を取り壊す地震。。。

これもまた自然の大いなる力の現れと、感謝するしかないのですよね。

それでも災害に遭うと言うことは痛ましいですし、辛いことです。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

田舎暮らし・自給自足のオクラは美味しい

田舎暮らしし続ける田舎モンです。今日は古民家の母屋と離れが、雷でいきなり停電してしまいました。

パソコンもついていたのですが、当然画面はいきなりドンと真っ暗に。

田舎暮らしで山間部は結構停電が多くて、冷や汗ものです。

もし復活できなかったら、と誰もいない古民家で脇汗をかいてしまいました。

ところで!夏に向けて食べたい野菜がオクラ。

もちろん自給自足用の畑で作っています。

オクラってアフリカ北東部が原産の熱帯性植物なんです。

エジプトでは紀元前2世紀からすでに栽培され日本には江戸時代末期に渡来しました。

オクラのネバネバ感は好き嫌いが分かれるところですが、コレステロールを下げたり、整腸作用を持っています。

オクラにはカルシウム、鉄、カロテン、ビタミンも豊富で「夏バテ」防止や解消にもってこいの野菜です。

東京都中央卸売り市場における入荷量のうち、鹿児島県産のオクラは日本一です。

次いでフィリピン産、沖縄県産と続き占有率は実に62%を占めているんですって。

フィリピン産は10月から6月上旬までで、盛夏の頃はほぼ国内産が占めます。

産地から市場到着までのカビの発生を防ぐ為の品質管理が大変なようです。

生産の段階でも相当農薬はかけていますし、カビの対策もとなるとその量はいかに?

オクラオクラは家庭菜園で簡単に作れますから、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

虫が葉っぱを食べますが、実にはつかないので無農薬でね!
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

田舎暮らしと自給自足

田舎モンです。今日も大雨で畑はできません。

田舎暮らしといえば自給自足がもれなく付いてきます?!

田舎モン家隣のネギ畑この写真はわが家の古民家のすぐ真横の畑です。

残念ながら田舎モンの畑ではなく、ご近所さんの畑で春にネギの苗を植え盛夏の候に農協さんに出荷するのだそうです。

ネギが出来たらおすそ分けしてくれる、っておじちゃんが言ってたな。

田舎モンは農協さんには全く出荷せずもっぱら自給用の野菜を作ってます。

6月下旬にはジャガイモが収穫できました。

7月初旬からはキュウリとピーマンが「責任とって食ってくれ~」と毎日食卓の上にのっかってくる状況。

飽きないように中華風や和風など色々工夫しています。

自給自足の野菜は農薬も化学肥料も降らなくてイイから、本当の野菜の味がして美味しいんだな、これが。

隣のネギちゃんは、たぶん出荷用だから余計なものを食わされていそうです。

農薬やら未完熟のクッサイ牛糞やら、少しは田舎モンの畑にも流出してくるとは思いますが、気にしても始まらないですよね。

当然スーパーのお野菜は出荷用なので、味が薄いでしょ?

ぜひプランター菜園や市民農園などを借りて、完全無農薬野菜を食べてみて!

きっとこれまでの野菜は何だったの~?って思えちゃいますよ。

日本は食料輸入大国だから、ちょっとでも生産する能力を身につければ、生きていけるよ~。

ミニミニ自給自足、してみませんか。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング