2008年08月,2008年08月,宮崎県移住物語" /> 2008年08月 (2008年08月) | 宮崎県移住物語

秋ジャガイモの植え付け方法

秋ジャガイモの植え付けはおよそ8~9月の上旬までがタイミング。

ジャガイモの植え付けは年に2回できるんですよね。

春と秋にジャガイモを植え付けます。

収穫は地域にもよりますが、11月の下旬から12月上旬にかけてです。

通常は農協などで販売されている種芋といわれるものを買います。

菌を除去してあるので、収穫にばらつきがない、病気が発生しにくい、などの理由があります。

しかし農家で自家用に作る場合はわざわざ買わずに、春に収穫したじゃがいもを植え付けます。

ただ、秋じゃがいもの植え付けは腐れることもあるので、半分に切ったりせずにまるごと土の中に入れ込むほうが良いです。

■植え付けの方法

うね幅はなるべく広く、80センチぐらいとる。

うねの高さは湿度の高い年は高めに40センチぐらいかな。

湿度が特にひどくなければ25センチぐらいで大丈夫。

ちょっとしたポイントですが、うねの周りをいつも歩いているとあまり大きくならないので、隣の野菜のうねと距離をはなしておくとイイですよ。

うね幅の中央にゲンコツなどで12センチぐらいの深さの穴を開け、じゃがいもの芽が出るであろうほうを上にして並べる=へこんでいる部分が上。

じゃがいもの間隔は約40センチぐらいあけると通気性が良いのでオススメです。

全部並べたら、軽く土をかぶせて更に落ち葉でもかぶせておくと栄養にもなります。

私のじゃがいもの植え方はじゃがいもを入れる前に、鶏糞と落ち葉と土を混ぜたものを入れ込んでおきます。

一般の自家菜園でしたら、野菜用の肥料が手軽ですが、入れすぎと直接触れることには注意します。

ジャガイモの手入れは特に大変なこともないですから、晩秋までほったらかしでオッケイです。

カメムシやテントウムシがついても、一切気にせずそのまま放置して大丈夫です。

農薬なんか施す必要はありません。

ただ雨などでうねの高さが足らなくなっていると、ジャガイモがひょっこりと土の表面に顔を出して、緑色に日焼けしてしまいます。

定期的に顔を出していないかのチェックをし、盛り土をしてあげれば美味しいジャガイモが収穫できます。
関連記事
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング