オオバコの食べ方や効能,オオバコ,ダイエット,宮崎県移住物語" /> オオバコの食べ方や効能 | 宮崎県移住物語

オオバコの食べ方や効能

今年、我が家の庭に大繁殖しているのが『オオバコ』。

アロマテラピーの通信教育を受けていた時、「自宅の庭にあるものは、あなたにとって必要なので食しなさい。」という話しを聞きました。


昨年は『スベリヒユ』だらけだったので、おひたしや味噌汁の具や炒め物にして食しました。


今年はどういうわけか、玄関前から庭中びっしりとオオバコだらけ。

あまりにも日常よく見かけるのですが、生薬としても利用されているようです。


ウィキペディアによると、

オオバコの成熟種子、花期の全草を乾燥したものを、それぞれ車前子(しゃぜんし)、車前草(しゃぜんそう)といい日本薬局方に収録された生薬である。

また、葉だけを乾燥させたものを車前葉(しゃぜんよう)という。

これら3つはともに消炎、利尿、止瀉作用などがある。

漢方では、車前子は牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)などに配合される。

他の2つは民間薬的なものであり、漢方ではまず使わない。

ということだそうだ。


オオバコダイエット、というのも良く耳にするので、ダイエットも期待できそう。



【薬効】
 せき、痰、利尿作用、視力向上、蓄膿症、胃がんなど。


早速食べ方を調べてみると、生のまま食べる方法と、干して乾燥させてから煎じる方法がありました。


とりあえず、今日食べたいので、生のまま料理に活かしてみました。


【オオバコの食べ方】

若葉をつみ、塩茹でしてやわらかくする。

それを炒めたり、あえものにしたり、天ぷらにする。


天ぷらの場合は、下準備として葉の筋に軽く切れ込みを入れると、揚げている途中で葉の表面が膨らんで、油の飛び散りを防げるようです。

薄く衣をつけたら、あとはサッと揚げるだけ。


ちなみにオオバコダイエットに使われる部分は、葉ではなく、種子の部分。

昨年から腰を痛めているために、今年は体重も増え、代謝も落ちているから、私にとってオオバコが救世主になるかもしれません。


オオバコの食べ方や効能>>
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント