古民家を借りてます,宮崎県移住物語" /> 古民家を借りてます | 宮崎県移住物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

古民家を借りてます

田舎暮らしの田舎モンです、こんにちは。

鹿児島県でのド田舎暮らしも7年が経つな~。
気がつけば40台を過ぎ、お肌の曲がり角を何回過ぎたことか、ウフ。

東京から移住した当初は、いったいどうなることか予想もつかなかったけど、人間関係も特に問題もないし、穏やかな日々を過ごしてます。

私が住んでいる築49年の古民家というか農家の家はこんな感じ。
(クリックすると大きい画像に)
古民家1
道路側入り口から見た様子。手前が大きな納屋で奥が母屋。
写真左手の小さな屋根付きの小屋は昔のかわや=トイレ。

古民家2
納屋とつながって母屋があります。昔では珍しい2階建て。
しかもなぜか水色!の木造モルタル。

古民家3
母屋から納屋側を見た様子。

畑、山林含めて約1,200坪らしい。
気になる家賃は2万円/月なり。

築49年というと、相当古い感じがしますよね。
確かに古民家の瓦は一度も変えていないようで、相当ガタが来てるみたい。

でも部屋の中は、ビックリするぐらい超キレイ!

しかも一枚物の天井板とか杉の柱とか使っている材が凄く良いんですよ。

友達の1級建築士が「これはイイ仕事してる家だな~。金持ちだったんだろうな。」って言ってました。

それもそのはず、この家は材木商の家だったんですって!

離れもあるし、納屋も広々と使えて田舎暮らしは快適、快適。

(まわりの杉林とヒノキ林だけは見た目が均一で気に入らないケド!)
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。