滞在型市民農園を利用しよう,クラインガルデン,滞在型市民農園,宮崎県移住物語" /> 滞在型市民農園を利用しよう | 宮崎県移住物語

滞在型市民農園を利用しよう

滞在型市民農園というシステムをご存じですか。

宿泊施設を利用しながら、家庭菜園など土と親しみ、自然を感じる空間を借りるのです。

全国でも長野県佐久市がいち早く着手し、いまでは関東近辺千葉、茨城などたくさんできています。

こういった借りるというシステムですから、田舎暮らしの中でも、とても気楽に取り組めますし、失敗しても戻る家は残していますから、安心です。

ちなみに私のように田舎暮らしで古民家を借りると、賃貸料はおおよそ年間約25万円。

滞在型市民農園で宿泊施設と農園を利用しておおよそ年間40万円。

金額の桁が違うほどの差はありませんから、まずはお手軽に滞在型市民農園で農的生活を試してみるのも良いかもしれません。

ニュースによると、長野県佐久の「佐久クラインガルデン望月」が、現在造成中で、利用希望者を10月から募集するそうです。

これをきっかけに下調べしてみるとイイですね。

【滞在型市民農園:造成進行中 佐久市が利用者募集--来月3日から/長野】

9月18日13時2分配信 毎日新聞から

◇農村活況

都市部からの移住、滞在者を増やし、農村地域の活性化を図る佐久市の滞在型市民農園「佐久クラインガルテン望月」の造成が進み、来月3日から利用希望者を募集する。

同12日には現地見学会を予定、施設や隣接する遊歩道、近くの観光地などを巡る。

オープンは来年4月だが、首都圏中心に多くの問い合わせが来ているという。

クラインガルテン望月は、同市茂田井の9800平方メートルに、簡易宿泊施設「ラウベ」を設けた20区画で、100平方メートルの農園を含めて1区画約300平方メートル。

3億2500万円(国の補助1億5750万円)で整備。

ラウベはロフト付き40~50平方メートル、キッチン、バス、トイレ、電話、インターネットの設備付き。使用期間は最長5年までで、年間使用料は1区画38万円。

県内のクラインガルテンは、94年開設で全国の先駆けとなった四賀村(現松本市)131区画、美麻村(現大町市)85区画など7市町で13カ所。田舎暮らしの流行でいずれも人気が高く、松本市の2カ所は毎年4~5倍の競争率。

立科町の「蓼科農ん喜(のんき)村」15区画も予約がいっぱいで8~10年待ち。

佐久市の場合も、既に関東地方を中心に約80件の問い合わせがあり、同市では初年度からの活況を期待している。【藤澤正和】
出典:ヤフーニュース

滞在型市民農園を利用しよう>>
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント