古民家のかまど,宮崎県移住物語" /> 古民家のかまど | 宮崎県移住物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング

古民家のかまど

田舎暮らししている田舎モンです。

古民家の物件にもれなくついてくるのが「かまど」かも?

古民家の離れにあるかまどです。

かまど2田舎暮らしで最初にかまどを見たときは、「よ~し、これで本格的に、お釜で米炊いてみるか~。自宅でキャンプしちゃうぞ。」なんて思ったけど、結局外側の焚き口のレンガや煙突が壊れていて、使わずじまい。

母屋をリフォームしてキッチンを入れていたので、あえてリフォームにお金を使うのももったいないかな、って感じでした。

以前の住人は離れで生活していたとのことで、母屋の台所はコンクリートで完全につぶしていた、というなんとも不思議なライフスタイル。

普通は母屋がメインで離れはサブ、なのにね!

かまど1下側の穴(たぶん焚き口)がまる開きだったので、ある日ねずみが入ってきたのを目撃!

思わず角材を詰めまくり、二度とご乱入できないように締め出し。

田舎暮らしの古民家って、微妙に現代人にとっては、不便なところもあるんですよね。

だけどこのレトロなタイルの色がなんとも癒し感があって好きです。
ランキングに参加し始めました!
旅行・地域ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。